潜入弁護人の最終回ネタバレ考察|犯人は誰?ボムジンは誰に殺された??

潜入弁護人

この記事は、韓国ドラマ「潜入弁護人〜Class of Lies〜」の最終回をネタバレで解説&考察した記事です。

スアの秘密やスア殺しの犯人をネタバレで解説するとともに、最終回の謎を考察をしています。

それでは、早速みていきましょう。



潜入弁護人〜Class of Lies〜(韓国ドラマ)の基本情報

韓国ドラマ「潜入弁護人〜Class of Lies〜」のキャストなどの基本情報は別記事にまとめています。是非参考になさってください。

潜入弁護人のキャスト・あらすじ・視聴率と評価・感想|韓国ドラマ「ミスター期間制」
韓国ドラマ「潜入弁護人〜Class of Lies〜」の全キャストを画像付きで紹介!あらすじや韓国での視聴率も分かります...

 



 潜入弁護人のネタバレあらすじ

主人公キ・ムヒョク(ユン・ギュンサン)はソンハ法律事務所で危機管理チーム長を任されている敏腕弁護士。高級車レクサスを乗り回し、ストライプのスリーピースに身を包んでとカネの匂いをぷんぷんさせた男です。

お金持ち相手に成功報酬稼ぎまくりなイメージです。

出典:ocn

ある日、ムヒョクは弁護士事務所の所長に個人的に仕事を依頼され、女子高生の傷害事件を担当することになりました。簡単に終わらせるはずが、裁判中に思わぬ事態に陥り、事務所を解雇された上にあろうことか弁護士資格まで剥奪されてしまいます。

この処分に納得がいかない&裏に何かあると感じたムヒョクは、身分を偽って臨時教員キ・ガンジェとして被害者と加害者が通っていた高校に潜入。

出典:ocn

しかし、潜入したチョンミョン高校はかなりクセのある学校で、生徒も頭脳明晰で手強いことが発覚。

そこで、友人の天才ハッカー・ウォンソク(キャスト:イ・スンウォン)の力を借りながら違法なやり方も厭わずに独自に調査を進め、事件の真相を暴いていく…

というのが韓国ドラマ「潜入弁護人〜Class of Lies〜」のあらすじです。



潜入弁護人:スアの秘密(ネタバレ解説)

当初、スアが援助交際をしていることを暴露する事でハンスの無罪を勝ち取ろうとしていたムヒョク。しかし、ハンスは裁判中に自分がやったと自白し、裁判は大混乱に陥ります。

さらにハンスが謎を明かさぬまま投身自殺を図ったため、ムヒョクは訳がわからない状況に。

いったいスアにはどんな秘密があり、ハンスは何から彼女を守ろうとしたのでしょうか??

潜入弁護人:イ・テソクの正体

チョンミョン高校の事務長イ・テソク。ものすごくギラギラしてて、学校関係者のイメージとはかけ離れた人物です。

実はイ・テソクは学校財団の末っ子。出来が悪く父親に嫌われており、後継者になる望みが薄いのが悩み。そこでウナム大学を買収し、自分の立場を逆転させようとチョンミョン高校を使って資金集めに奔走する毎日なんです。

イ・テソクはまた、芸能事務所も営んでいるのですが、

出典:ocn

スアは実はその事務所に所属するタレントでした。

ただ、純粋に芸能活動だけをしていたわけではなく、イ・テソクの野望を叶えるための接待要員として、次期大統領候補のユ・ヤンギの愛人をしていました。

イ・テソクはこの接待の見返りとして、自分に有利な法案をユ・ヤンギに通してもらい、

スアは高級マンションやブランド物を与えられて、贅沢な暮らしができていたというわけなのですね。チョンミョン高校にも無料で通えていたはずです。

スアはこのアルバイトのお陰で、お金持ちのお嬢様の娘という仮面を被れていたのですが、

出典:ocn

ある日スアをストーキングしていたギフンに秘密がバレた上に写真を撮られ、

出典:ocn

しかもイェリがこの写真を高校の裏掲示板にアップしたことによって全校生徒に暴露されてしまいました。



潜入弁護人:スアの過去

実はスアは養護施設で育った少女で、容疑者のハンスとはそこで出会い、固い絆で結ばれた親友同士でした。

スアは子供ながらに出世欲が強く、お金持ちの養父母に引き取られるために勉強を頑張っていました。また、子供の頃から日記をつける習慣があったようです。

スアは実際に裕福な家庭と養子縁組できたものの、養父母に実の子が生まれ、捨てられるという悲しい結果に。

生活のために割の良いアルバイトを探していたときにイ・テソクと出会い、お金欲しさに愛人業を始めてしまったという悲しい経緯がありました。

ただスアはこんな生活から抜け出したいと考えるようになっていました。

また、身の危険も感じていたスアは、自分の日記が入った養護施設宛の封筒を親友のハンスに託します。

出典:ocn

そして、スアが恐れていた通り、その日の夜にスアは命を奪われてしまいました。



潜入弁護人:スア殺しの犯人は誰?(ネタバレ解説)

スアはチョンミョン高校に転校して来た当初、テラやイェリに気に入られ、ベリタスのメンバーとよく遊ぶほど仲良しでした。

出典:ocn

しかし、スアの家でみんなで遊んだ際、スアは部屋に飾られている絵を愛人ユ・ヤンギの言葉を引用して解説してしまうという失敗をします。

ボムジンはそこからスアと父のユ・ヤンギの関係を疑うようになります。

出典:ocn

父親の携帯にスパイウェアを入れて父の行動を監視するようになり、父親とスアが愛人関係にある証拠を掴みます。

そして、スアがテラたちからいじめられるようになっても敢えて放置してスアの居場所を無くそうとしただけでなく、

出典:ocn

自分の将来のためにも、スキャンダルで父親が失脚しないようにスアを殺してしまったというわけだったんですね。

 

しかも、犯行の時刻に映画館にいなかったことを知っている彼女のテラまで、自分のアリバイを壊さないために自殺に見せかけて殺害。

出典:ocn

付き合ってる彼女まで殺しちゃうのには全私が引いたわ。

最終回が近づくにつれ、優等生ボムジンの化けの皮が一枚一枚剥がされていった感じは面白かったですねえ。

出典:ocn

オフショットではこんなに仲良し(笑)



 潜入弁護人のネタバレ考察:ボムジンを殺害したのは誰?

さて、ボムジンの犯行が完璧すぎて、ボムジンがスアとテラを殺したという確固たる証拠がなかったため、

出典:ocn

ムヒョクはハンスと共に記者会見し、民意に委ねるという形をとることしかできませんでした。

 

しかし、平然と学校に通うボムジン。かなりやばい奴です。

出典:ocn

このシーンにより、ギフンは悪ぶってたけど、人間らしさはあって憎めない子だったなあと思いました。
かなり歪んでたけど、スアのこと彼なりにちゃんと好きだったんですねえ。

 



潜入弁護人:最終回の謎(ボムジンを殺したのは誰?)

で、気になったのが、「誰がボムジンを殺したの?」ってところです。

出典:ocn

最終回でボムジンは首に謎の注射を打たれて殺されてしまうのですが、その犯人は明かされないままにドラマは終わってしまいました。

 

しかも、すごくおちゃらけた感じでエンディングを迎え、視聴者は置いてけぼりな感じに。おいおいおい。

出典:ocn

スポンサー対応も大事だろうけど、視聴者も大事にしてくれ〜。

すごく面白いドラマだったのに、最後の最後で残念に感じたのは私だけでしょうか??

潜入弁護人:最終回考察

さて、ボムジン殺しについて、私はこう考えています。

「ボムジン殺しの黒幕は、テラの母親説」 です。

出典:ocn

ムヒョクの記者会見を自宅で観ていた予備校長のテラオンマ。

テラがボムジンに殺された可能性を知って憤り、人を使って殺されたのではないかと考えるとしっくり来ます。

この辺り、もう少し丁寧に描いてくれてたら、このドラマ完璧だったと思います。

 

ユ・ヤンギが護送車で襲われた件については、ユ・ヤンギのせいで多大なる被害を被った権力者の誰かって事ではないかな?と考えています。

検察を買収できるほどの力を持った人でないと難しそうですが、そんな人物は登場人物にいなかったですし。

以上が、最終回の謎の考察です。



最後に

韓国ドラマ「潜入弁護人」のネタバレ解説と最終回の謎の考察をしてみましたがいかがでしたでしょうか?

楽しんでいただけたなら嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



タイトルとURLをコピーしました