優雅な一族のあらすじとネタバレ感想7話から11話まで(韓国ドラマ)

高視聴率韓国ドラマ「優雅な一族」の感想を書き綴っています。

優雅な一族(韓国ドラマ)| キャスト、視聴率、あらすじ ネタバレ感想紹介
優雅な一族(韓国ドラマ)のキャスト、視聴率、あらすじなど イ・ジャンウ、イム・スヒャン主演のミステリー

優雅な一族あらすじ付き感想(第1話から第6話まで
優雅な一族あらすじ付き感想(第12話から第16話まで)
優雅な一族あらすじ付き感想(第17話から第21話まで)
優雅な一族あらすじ付き感想(第22話から第26話まで)

ネタバレも含まれますので、未視聴の方はお気をつけくださいね。



優雅な一族(韓国ドラマ)とは

優雅な一族(韓国ドラマ)| キャスト、視聴率、あらすじ ネタバレ感想紹介
優雅な一族(韓国ドラマ)のキャスト、視聴率、あらすじなど イ・ジャンウ、イム・スヒャン主演のミステリー

このドラマは韓国のケーブルテレビMBNで2019年に放送され、MBN史上最高視聴率を叩き出した人気ドラマです。

出演するドラマが高視聴率を叩き出すことで有名なイ・ジャンウと演技力で定評のあるイム・スヒャンさん主演の財閥を舞台にしたミステリーとなります。



優雅な一族(韓国ドラマ)のあらすじとネタバレ感想

優雅な一族(韓国ドラマ)のあらすじとネタバレ感想第7話

妻である名誉会長夫人の30周忌に突如車椅子に乗って姿を現したワンピョは、ソッキにMC流通と不動産のすべてを生前贈与すると宣言する。そんな中、ユンドはソッキから“イム・スン”という受刑者がどこの刑務所に収監されているか調べるよう指示される。その名を聞き、動揺するユンド。イム・スンはユンドの実母だった。一方、ソッキが代表理事に不適格だと証明する事由を探していたTOPは、栄養士の所見に目を付ける。
BS-TBSホームページより

日本版第7話。韓国版は第5話からスタートなので、回想シーンから始まりました。

冒頭からジェグクの若かりし姿が出て来ましたが、もともとは正義感の強い女性だったみたいです。そこを見込まれて名誉会長であり、ソッキ(イム・スヒャン)のおじいちゃんにスカウトされたのだけど、名誉会長の意に反してモンスターになっちゃいましたね汗

さてさて、、おじいちゃんがみんなの前に現れましたよ〜。そして執事は二重スパイだったとさ♪ ソッキにウィンクするのが可愛いかったですね。

おじいちゃんはみんなの前で自分の全財産をソッキに相続させる事を宣言し、もしソッキが死ぬようなことがあれば、社会に還元するとも付け加えました。いや、ここ大事ですよね。TOPが何するか分からないですから。

と言うわけで、TOPはソッキに手が出しにくくなったのですが、何か企んでいるようで怖いですねぇ。

そしてソッキは次の動きを始めます。それは母親を殺した真犯人を探すこと。そこでユンド(イ・ジャンウ)に殺人犯とされている女性を探すよう指示するのが、実はその人はユンドの母親で…という流れ。

ま、ドラマ開始前に人物紹介などで知ってた事実なんですけどね(笑)
おー、ようやくその段階に入りましたかぁ!とワクワクしました。

それにしても、ユンド母、殺人犯にされた上に、脅されて15年も息子に会えなくなってたなんて! ジェグク恐るべしです。

でも今回それ以上に驚いたのは、継母のサイコっぷり!
金に物を言わせて、バイオリニストに氷の中に足を突っ込ませたまま演奏させるという暴挙でございます。しかもヒステリックに喚き散らすし、お父さん、女を見る目がなさすぎではなかろうか(汗)

それと、次男ゲイ説が少し濃厚になって来ました。嫁のイヤリングをうっとり眺めているように見えた…

どうなんでしょうね?

と言うわけで、日本版第7話は大きく展開した回だったと思います。

今後のTOPとの攻防が楽しみです。



優雅な一族(韓国ドラマ)のあらすじとネタバレ感想第8話

服役中の母イム・スンと15年ぶりの再会を果たしたユンドは、ソッキをイム・スンに会わせ、自分が彼女の息子だと打ち明ける。TOPの指示で自分に近づいたのかとまくし立てるソッキに、ユンドは母の無実を証明するために弁護士になったと話す。殺人事件の真相を追うため、キム・ブギ記者に近づく2人。そんな中、迎えた株主総会当日の朝。代表理事に選任予定だったソッキは、自宅近くの検問所でアルコールが検知されるが…。
BS-TBSホームページ

いよいよキム・ブギさんと二人が接触。
アルコールが検知されるって、ジェグクが手に入れた「栄養士の所見」に関わる内容かしら?

と思いながら視聴した第8話。ソッキ(イム・スヒャン)とユンド(イ・ジャンウ)はそれぞれの15年間を打ち合け、距離がぐっと縮まりました。共通の目標と協力出来る相手が見つかってよかった!

で、ソッキはアメリカ時代、クラブ遊びをしてるふりして、TOPの目の届かないVIPルームで勉強したり母親の事件を調べたりとしていたそうなのですが、そのクラブ遊びがTOPに利用されてしまいます。

実はソッキ、1年前から「自動醸造症候群」という病気を患っていて、糖質を摂ると腸内でアルコールが醸造される体になってしまったのだとか。自動醸造症候群になると、お酒を飲んでなくても酩酊状態になったり、呼気からアルコールが検知されるのだそう。(70年代に日本で発見された病気らしいですよ。)

日本版第2話で、従業員のからパンをふんだくってそれをかじった後に車に乗り、豪快に対物事故を起こすという「I’m on Fire事件(チャン・グム子命名)」がありましたが、あれってエネルギー補給ではなく飲酒運転にしてしまうためだったんですってよ、奥さん!(詳しくは第2話の感想で!

そういえば、朝から「ステーキ焼いて!今はアメリカではディナータイムよ」的なワガママ発言をしておりましたが、あれってTOPに悟られずに病気を隠すための作戦だったんですね!しっかり糖質制限していたわけです。(TOPに知られるから病院に行けず、薬がなかった)

ん??刑務所でピザ食べてたような?? ま、あそこでは酔っ払ってオッケーか(笑)

いや、それならオレンジジュースもアウトでしょ(爆)

なんだか、いろんな伏線が回収されました!
ま、伏線ってことにも気づいてなかったけどね!!

で、まんまとこの病気をTOPに利用され、代表理事に就任できなくなりました。アメリカでクラブ三昧だった女が就任前にもしでかしたよ的な記事をリークしてね。

おじいちゃんも凹んで倒れちゃったし。

抜かりなさすぎやで、ジェグク。

まぁ、韓国でも引き続き治療が受けれるようになって、身体的には良かったねとチャン・グム子は思いますが、窮地に立たされちゃいましたね。しょぼん。

そして、韓国版第6話の始まり〜。

おじいちゃんのソッキ溺愛ぶりが分かるエピソードでしたが、それが嫉妬を生み、ジェグクを変えてしまったとのこと。

へ〜、全く共感できまへんなぁ。

で、お父さんの女の趣味が悪いなあと思っておりましたが、後継候補二人を産んだ女性として尊重しているのかも知れないとちょっとだけ理解できたような、出来てないような…

 

さて、これからどうなるんでしょうね〜?

おじいちゃんに起死回生のアイディアがあるみたいなので、新たな展開に期待ですね!

あと、全然関係ないけど、ソッキの部屋のひとりがけソファーってハンマーシャークみたいやな。



はい!次のあらすじ行きましょう!

優雅な一族(韓国ドラマ)のあらすじとネタバレ感想第9話

ソッキの代表理事就任を妨害されたワンピョ側はTOPを告訴し、理事会の招集を試みる。理事たちを招いた場で、ワンピョはソッキの飲酒運転は持病を利用されたものだと釈明し、ソッキが会社の今後についての企画書を提示する。食事会は和やかに進んでいたが、ジェグクからの電話を受けたワンピョはショック状態に陥り、そのまま息を引き取ってしまう。そんな中、ユンドはジェグクにTOPの正式メンバーになるよう言い渡される。
引用元:BS-TBS公式ページ

えええ!?おじいちゃーーーーーん!!
ってあらすじでおっきなネタバレするってどうなん??笑

第9話視聴しました〜。あらすじでは電話が原因のショックで死んだみたいになってるけど、違いましたね。ジェグクによる殺人ですよ〜(T ^ T)

しかも自分では直接手を下さず、料理を使って。

ほんま、汚いわあ。いくら名誉会長に溺愛されてるソッキ(イム・スヒャン)に嫉妬したからと言って、その息子を使ってのし上がろうとするかしら?

そしてソッキを独りにするために、おじいちゃんに仕えていた弁護士や執事まで脅迫して辞めさせた上、ユンド(イ・ジャンウ)も引き離す作戦に出ました。TOPへの勧誘です。

ユンドは母親の事件を調べるために、TOPの情報力が必要なので揺れてるようでしたね。

ジェグクのソッキへの攻撃は続き、おじいちゃんから相続した株を全部取り上げられちゃいました。

そして、ソッキは自家醸造したお酒で熱帯魚ピカソを殺すのですが…

ピカソの葬儀がおじいちゃんのものより豪華すぎる件!(爆)

そこに真っ赤なドレスで現れたソッキはカッコ良かった。

あと、ソッキがこれから頼りにしようとしてる、ニュースパッチのキム・ブギ。TOPの広報担当と良い感じみたいですね。今後のソッキの足を引っ張らなければ良いけど。




はい!では、次のお話に行ってみよう!!

優雅な一族(韓国ドラマ)のあらすじとネタバレ感想第10話

ワンピョを亡くし、相続した財産も経営権も失ったソッキだったが、15年前の殺人事件の真相を一緒に解明しようとユンドに提案され元気を取り戻し、TOPの目を欺くため傍若無人に振る舞う。そんな中、チョリは次男のワンジュンに会社を継がせるのを早めようとする。ワンジュンの地位を固めるため、ジェグクはワンジュンに仮面妻スジンとの離婚を促し、TOPのメンバーも、モ家の人々に遺留分放棄をさせようと動きだす。
引用元:BS-TBS公式ページ

チョリというのは、ソッキの継母ですね。
そしてその次男ワンジュンはチャン・グム子がゲイの疑いを持っている男。カモフラージュのためにスジンと結婚したと踏んでいるのですが、その辺りはハッキリしてくるのでしょうか?

という感じで視聴を始めた第10話。韓国版第7話の始まりです。

ユンド(イ・ジャンウ)は引き続きソッキ(イム・スヒャン)と共にソッキ母殺人の犯人探しをやることを決め、そのためにTOPの一員になり切ることに決めました。

TOPは当然ながらモ家のカードの利用明細まで掌握ますねえ。いくらお金持ちでもこれは嫌だな笑

そんな中、次男ワンジュンが女性用の洋服や宝石を購入していたり、マンションを借りていることがバレました… これは、ゲイではなく女装が好きなのかもしれない…

いやいや、そうではなく、後継者になれと告げられパリ行きのチケットを破り捨てるシーンがあり、そしてなぜか湯船に捨ててましたが笑、ファッションデザインに興味があり留学したいと思っているのかもしれない…

と妄想が膨らみました。もし経営ではなく他に興味があるのなら、将来的にソッキの味方になりそうだなと思ったんですよね〜。

さて、TOPはソッキ父の利益を守るため、そして損失を最小限に抑えるため、モ家の人々に遺留分放棄をさせようと動きだしました。

ソッキとワンドはソッキがアメリカでやっていたようにクラブのVIPルームで打ち合わせ。

そしてソッキが先回りして入れ知恵をしていったおかげでTOPの作戦は難航します。

あぁ、楽しい!

前回までがストーリーのプロローグでここからが反撃開始って感じですね!このドラマはハマりますなあ。

第11話に続きます。



優雅な一族(韓国ドラマ)のあらすじとネタバレ感想第11話

モ家の人々が次々に心変わりしたことを不審に思ったジェグクは、ユンドにソッキの差し金かと問い、本性を見せるよう話す。同じ頃、ブギと部下のオ・グァンミは、アン・ジェリム殺人事件の真相を探っていた。グァンミは、15年前の同級生とユンドが似ていることが気になる。一方、イム・スンの面会に行ったソッキとユンドは、ソッキの母親に関する新たな事実を知ることになる。その頃、TOPはユンドの正体を探っていた。
引用元:BS-TBS公式ページ

おおお!ちょっとヒヤヒヤな展開が待っているようですねえ

と思いながら観た11話。TOPに生活を完全に把握されているモ家の人々。

前回、チェ・ナリが休診日の皮膚科で何をしているのかをソッキが探っていましたが、まさかの輸血でした。若い人の血液を輸血することで若返る美容方らしい…ってこわっ!

で、この情報をユンド(イ・ジャンウ)がジェグクに提出することで、ユンドへの疑いを晴らす作戦です。これ、うまくいったのかな??

ただ、このネタを使ってジェグクはチェ・ナリを追い込むことに成功したわけですが、事前にモ会長へのお伺いはなしでやりたい放題笑。一応、モ会長の愛人なんすけどね^^;

ジェグクは自分のチームにTOPと名付けてるくらいだから、会長より私が上って事なのでしょうな。

今回、途中でまた回想シーンが入りましたが、そこが韓国版8話の始まりでしたね〜。

ソッキ(イム・スヒャン)の母がどんどん壊れていく様子が描かれています。ひどい頭痛に悩まされていたようです。揃っていない靴を履いて外出してましたが、視覚に以上が出ていたのでしょうか。

ソッキの継母・ヨンソ(ムン・ヒギョン)がソッキ母の主治医ソル先生を掌握していて、薬の量を増やさせたりしてみたい。って朝鮮王朝かよ!って突っ込みたくなることをやってはったわ。魚(ピカソ)には以上な愛情を示すのに人間にはやりたい放題なのがおかしくって^^;

今回、ソッキの活躍する場がなかったので少し物足りなかったです。

次回に期待!

優雅な一族|あらすじとネタバレ感想1話から6話まで(韓国ドラマ)
優雅な一族|あらすじとネタバレ感想7話から11話まで(韓国ドラマ)
優雅な一族|あらすじとネタバレ感想12話から16話まで(韓国ドラマ)
優雅な一族|あらすじとネタバレ感想17話から21話まで(韓国ドラマ)
優雅な一族|あらすじとネタバレ感想22話から26話(最終回)まで

ではまた!

 



タイトルとURLをコピーしました